大規模感染リスクを低減するための高機能換気設備等の導入支援事業

 

申請期間は、令和5年7月3日(月) ~8月10日(木)

詳細はこちら☆
http://www.siz-kankyou.jp/2022hosei_kanki.html
目次

1.概要

1-1. 目的

不特定多数の人が集まる飲食店等の業務用施設等に対して、高機能換気設備(全熱交換型の換気設
備)をはじめとする高効率機器等の導入を支援することにより、新型コロナウイルス等の感染症の拡
大リスクを低減するとともに、業務用施設からの年間 CO2 排出量を削減する。

1-2.補助対象者

補助対象者は、日本国内で事業を営む以下のいずれかに該当する者。

対象施設は下表の通りです。

※対象外の施設(例)※
・住宅、工場、畜舎、自動車車庫、自転車駐輪場、倉庫、運動場、卸売市場など
・高い開放性を有し、換気の必要がない施設

  

1-3.補助対象の経費

補助対象となる経費は次に掲げる経費であり、これ以外の経費は本事業の補助対象外となります。
また、補助金の額は、補助対象経費の合計額に補助率を乗じて得た額の合計額となります。

【導入設備は以下の要件を満たしている必要があります。】
・導入設備は、原則として更新前の設備よりもエネルギー消費効率が高いものを選択する(換気設
備は除く)。
・設備導入前に比べて、設備導入後の施設全体または室からの CO2 排出量の削減が見込めること。
・設備等のうち補助対象となるものについては、JIS 等の公的規格や業界自主規格等への適合確認を示
すことができるものを導入すること。
・設備等のうち補助対象となるものについては、補助申請者に所有権のあるもの(ファイナンスリース
の場合は、リース会社の所有権)。

2.選定方法

2-1.選定方法は???

審査基準は、今後開催される審査委員会において決定されます。
・提出された実施計画書等をもとに、審査基準に基づき厳正に審査を行い、予算の範囲内で
 補助事業を選定し、補助金の交付先を採択されます。
・対象事業の基本的要件に適合しない提案については審査されません。
・審査の結果、対象事業要件に適合する提案であっても、予算の範囲内で選定するため、補助金
 額の減額又は不採択となる場合があります。
・審査結果より付帯条件、あるいは申請された計画の変更を求められる場合があります。

2-2.必要書類

下記必要書類をもとに審査されます。

申請される状況によっては他に書類が必要な場合もあります。

 最後に・・

お問合せフォームはこちら

関連記事

  1. 第7回事業再構築補助金から「原油価格・物価高騰等緊急対策枠」が創設されました。

  2. 中小企業向けに最大250万円を受け取れる給付金が出るようです。

  3. 令和2年度既存建築物省エネ化推進事業

  4. 事業再構築補助金 ~令和4年度予算案より~

  5. 令和3年度事業再構築補助金のご案内

  6. 2021/3/18事業再構築指針が発表されました。【事業再構築補助金】

※お問い合わせの際には『案件番号』が必要です。募集概要TOPの番号をお控えください。

Instagram

PAGE TOP