令和3年度事業再構築補助金 抑えておきたいポイント!

 現在、受付している令和3年度(2022年度)の再構築補助金についてのポイント。

 概要や事業再構築指針を引用しながら解説いたします。

事業再構築補助金の詳細はこちら☆
https://jigyou-saikouchiku.go.jp/
目次

1.補助金の枠組みと補助率

〈通常枠〉

従業員数20人以下100万~2,000万
従業員数21人~50人100万~4,000万
従業員数51人~100人100万~6,000万
従業員数101人以上100万~8,000万

補助率:中小企業2/3(6,000万円超は1/2)

    中堅企業1/2(4,000万円超は1/3)

〈最低賃金枠〉

必須要件1~3を満たし、かつ2021年10月~2022年8月までの間で、

3か月以上最低賃金+30円以内で雇用している従業員が全体の10%以上いること。

従業員数5人以下100万~500万
従業員数6~20人100万~1,000万
従業員数21人以上100万~1,500万

補助率:中小企業3/4

    中堅企業2/3

〈緊急対策枠〉

必須要件2~3を満たし、かつ原油価格。物価高騰等の経済環境変化の影響を受けたことにより、

2022年1月以上の連続する6か月のうち、任意の3か月の合計売上高が2019年~2021年の同3か月の合計売上高と比較して10%以上減少していること。

また、コロナによって影響を受けていること。

従業員数5人以下100万円~1,000万円
従業員数6~20人100万円~2,000万円
従業員数21人~50人100万円~3,000万円
従業員数51人以上100万円~4,000万円

補助率:中小企業3/4(※1)

    中堅企業2/3(※2)

(※1)従業員数5人以下の場合500万円を超える部分、従業員数6~20人の場合1,000万円を超える部分、従業員数21人以上の場合1,500万円を超える部分は2/3

(※2)従業員数5人以下の場合500万円を超える部分、従業員数6~20人の場合1,000万円を超える部分、従業員数21人以上の場合1,500万円を超える部分は1/2

1-2.製品等の新規性要件

製品等の新規性要件については、①過去に製造等した実績がないこと、②主要な設備を変更すること、③定量的に性能又は効能が異なること(計測できる場合)の3点事業計画においてお示しください

①過去に製造等した実績がないこと

過去に製造等していた製品等を再製造等することは、事業再構築によって、新たな製品等を製造等しているとはいえません。
過去に製造等した実績がないものにチャレンジすることをお示し下さい。

②製造等に用いる主要な設備を変更すること

既存の設備でも製造等可能な製品等を製造等することは、事業再構築によって、新たな製品等を製造等しているとはいえませ
ん。主要な設備を変更することが新たな製品等を製造等するのに必要であることをお示し下さい。
※回復・再生応援枠及び最低賃金枠は本要件を満たしていなくても申請可能です。例えば、備品の導入や広告宣伝を行い、ホテルの空き室をワー
ケーション施設にする(建物の改修等主要な設備の変更は伴わないが、新分野の事業を開始する)ような場合も支援対象となります。

定量的に性能又は効能が異なること(製品等の性能や効能が定量的に計測できる場合に限る。)

性能や効能の違いを定量的に説明することで、新たな製品等であることをお示し下さい。
(例:既存製品と比べ、新製品の強度、耐久性、軽さ、加工性、精度、速度、容量等が、X%向上する等)

1-3.市場の新規性要件

市場の新規性要件については、既存製品等と新製品等の代替性が低いことを事業計画においてお示しください。

○既存製品等と新製品等の代替性が低いこと
市場の新規性要件を満たすためには、新製品等を販売した際に、既存製品等の需要が単純に置き換わるのではなく、売上が販売前と比べて大きく減少しないことや、むしろ相乗効果により増大することを事業計画においてお示しください。
(例)日本料理店が、新たにオンラインの料理教室を始める場合、オンライン料理教室を始めたことにより、日本料理店の売上は変わらない(むしろ宣伝による相乗効果により上がる)と考えられることから、市場の新規性要件を満たすと考えられる。

2-1.事業再構築とは???

2-2.具体的には???





2-3.うちの事業には何ができる?

例としていくつか上げさせてもらいましたが、

業種によってできる事が違ってきます。

再構築?転換?展開?再編? 

これ使えるかな・・といった方はお気軽にお問い合わせください。

経営計画書の作り方

では、経営計画書はどうやって作っていったらいいのか簡単にお伝えします。

これらを簡潔に伝わりやすくまとめて最大10ページ程度までで作成します。

 最後に・・

関連記事

  1. 令和2年度既存建築物省エネ化推進事業

  2. 新型コロナウイルス感染症で 影響を受ける事業者の皆様へ

  3. 生産性革命の実現に向けた固定資産税の特例措置

  4. 第5回事業再構築補助金の主な変更点

  5. 四日市市中小企業働きやすい職場づくり支援事業費補助金

  6. 第7回事業再構築補助金から「原油価格・物価高騰等緊急対策枠」が創設されました。

PAGE TOP