【2次募集】カーボンニュートラル実現に向けた成長産業育成・業務転換に関わる技術開発支援事業補助金が公開されました。

県内中小企業が行うカーボンニュートラル実現に向けた成長分野への事業拡大、新規参入又は業態転換に係る技術開発の取組を支援する補助金が公開されました。さらに、DX(デジタルトランスフォーメーション)を活用した取組については、補助上限額が上がります。

カーボンニュートラル実現に向けた成長産業育成・業務転換に関わる技術開発支援事業補助金の補助対象事業は?

1 補助対象事業
【標準型】
 カーボンニュートラル実現に向け今後成長が期待される分野への事業拡大、新規参入又は業態転換を目的として行う技術開発(製品化を含む。)
 
【DX活用型】
 標準型の技術開発であって、研究データの蓄積と運用、研究開発期間の短縮、生産コストの最適化及び新たな生産技術の開発等にDX技術を活用する事業
 ※交付申請時にいずれかを選択するものとします。

カーボンニュートラル実現に向けた成長産業育成・業務転換に関わる技術開発支援事業補助金の補助事業期間は?

補助金の交付決定日から(最長で)令和5年3月10日(金)まで

カーボンニュートラル実現に向けた成長産業育成・業務転換に関わる技術開発支援事業補助金の補助金額は?

補助率   補助対象経費の1/2まで
補助上限額 【標準型】200万円以内、【DX活用型】400万円以内

カーボンニュートラル実現に向けた成長産業育成・業務転換に関わる技術開発支援事業補助金の補助対象者は?

三重県内に本社又は事業所等を有し、かつ三重県内に本補助事業の主たる実施場所を置く中小企業

カーボンニュートラル実現に向けた成長産業育成・業務転換に関わる技術開発支援事業補助金の公募期間は?

令和4年8月15日(月) ~ 令和4年9月7日(水)

カーボンニュートラル実現に向けた成長産業育成・業務転換に関わる技術開発支援事業補助金の取組例

・電気自動車部品等の製造への参入を目指した技術開発
・プラスチック等のマテリアルリサイクルに関する技術開発
・生産工程で発生する副生成物を活用した新たな製品化の取組
・再生可能エネルギーやカーボンニュートラル燃料等の製造や利用に係る技術開発 等

<DX技術の活用例>
・DX技術による研究データの蓄積と運用、技術開発期間の短縮
・DX技術を活用した生産コストの最適化等、新たな生産技術の開発
・自社に導入した結果、省エネ効果があったDX技術を製品化する取組 等

まとめ

「カーボンニュートラルって何?」「DXってよく聞くけどうちでも導入できる?」等、少しでもご興味があればお気軽にぜひ株式会社ariGaTにご相談ください!下記のバナーよりお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 固定資産税・都市計画税の減免(新型コロナウィルス関連)

  2. 令和2年度ICT人材確保支援補助金~3次公募~

  3. 三重県中小企業支援「新たな日常」対応補助金の公募が開始されました。令和3年9月7日締め切り

  4. 令和4年度「JAPANブランド育成支援等事業費補助金」について

  5. 令和4年度第2回三重県新型コロナ克服生産性向上・業態転換支援補助金の公募が開始されました。

  6. 2022年(令和4年)最大200万円 小規模事業者持続化補助金(成長・分配枠、新陳代謝枠、インボイス枠、通常枠)

PAGE TOP