第5回事業再構築補助金の主な変更点

1月20日より第5回事業再構築補助金の公募が開始されました。

2月中旬から申請受付開始、3月24日締め切りです。

第6回からは「従業員規模に合わせた補助金額の引き下げ」、「建物新築が補助対象から外れ、改修のみになる」などの変更が予定されていますので、従業員数は少ないけど大きな金額を狙いたい方や、補助金を使って建物の新築を考えている方には、ラストチャンスとなります。

第4回以前と今回の主な変更点は以下の3つです。

新事業売上高10%要件の緩和

事業再構築補助金では新事業の売上が3~5年の計画終了時に会社の総売上高の10%以上となるような事業計画が求められています。

これが第5回から以下の通り変更となります。

  • 3~5年後の計画終了後、新事業から生み出される付加価値額(※)が会社の総付加価値額の15%以上となるような計画でも可。
  • 売上高が10億円以上の事業者であって、事業再構築を行う部門の売上高が3億円以上の場合、当該部門売上高の10%以上でも可。

補助対象経費の見直し(貸工場、貸店舗等の賃借料)

工場・店舗等の回収等を完了して貸工場・貸店舗等から退去することを条件に、貸工場・貸店舗等の賃借料についても補助対象経費として認められるようになりました。

農事組合法人の対象法人への追加

第5回から農事組合法人も申請可能になりました。

関連記事

  1. (令和3年度)津市中小企業振興事業補助金のご案内

  2. 第4次小規模事業者持続化補助金(一般型)(事業再開枠)の〆切は2月5日です。

  3. 建設キャリアアップシステムのメリットをご紹介

  4. 最大250万円支援 三重県中小企業・個人(フリーランス)向け業種を問わない事業復活支援金とは

  5. 志摩市を元気にする創業支援補助金について

  6. 予算経営資源引継ぎ補助金【2次公募】

PAGE TOP