2022年要チェックの補助金・支援金一覧(事業復活支援金・事業再構築補助金・ものづくり補助金・持続化補助金・事業承継引継ぎ補助金)

11月26日に中小企業庁の令和3年度補正予算案が公開され、2022年の事業復活支援金・事業再構築補助金・ものづくり補助金・IT導入補助金・小規模事業者持続化補助金の最新情報が出ました!

 

事業復活支援金

新型コロナウィルス感染症蔓延の影響で売上が減少した事業者に対して地域・業種の限定なく、最大250万円を支援するもの。

これは要件満たしていれば支援を受けることができます。

事業復活支援金について詳しくはこちら

事業再構築補助金

新型コロナウィルス感染症の影響が続く中で、新分野展開や業態転換などの事業再構築を通じて、コロナ以前のビジネスモデルからの転換を目指す事業者に対して最大1.5億円を支援するもの。

2022年度補正予算案では新しく『グリーン成長枠』が新設されています。

事業再構築補助金グリーン成長枠

特にガソリン自動車部品の製造から電気自動車部品の製造への事業転換のようにグリーン分野での再構築に取り組む事業者に厚い支援を行うもの。

補助上限額1億円(中小企業)

グリーン成長枠では中小企業に対する補助上限額が最大1億円と大規模賃金引上枠と同水準です。

売上高減少要件の撤廃

事業再構築補助金ではコロナウィルスの影響で売上高が減少していることが要件として求められていましたが、このグリーン成長枠では撤廃されています。

事業再構築補助金について詳しくはこちら

ものづくり補助金・持続化補助金・IT導入補助金・事業承継引継ぎ補助金

ものづくり補助金

●赤字など業況が厳しい中でも、賃上げ等に取り組む中小企業向けに特別枠を創設し、優先採択や補助率引上げ。

●グリーン・デジタル分野への取組に対する特別枠を創設し、補助率や上限額を引き上げ。

類型 補助上限額(※) 補助率
通常枠

750万円、1,000万円、1,250万円 

1/2(※)
回復型賃上げ・雇用拡大枠 2/3
デジタル枠
グリーン枠 1,000万円、1,500万円、2,000万円

※1:従業員規模により異なる ※2:小規模事業者・再生事業者は2/3

持続化補助金

●赤字など業況が厳しい中でも、賃上げ等に取り組む事業者や、事業規模の拡大に取り組む事業者向けに特別枠を創設し、補助率や上限額を引上げ。

●後継ぎ候補者が実施する新たな取組や創業を支援する特別枠、インボイス発行事業者に転換する場合の環境変化への対応を支援 する特別枠を創設し、 上限額を引上げ。

類型 補助上限額 補助率
通常枠 50万円

2/3
(成長・分配強化枠の一部の類型において赤字事業者は3/4)

成長・分配強化枠
(賃上げや事業規模の拡大)

200万円

新陳代謝枠
(創業や引継ぎ候補者の新たな取組)

200万円

インボイス枠
(インボイス発行事業者への転換)

100万円

持続化補助金について詳しくはこちら

IT導入補助金

インボイス制度への対応も見据えたITツールの導入補助に加え、PC等のハード購入補助等を行う

導入するITツールの価格 補助率
~50万円 3/4
50~350万円 2/3

PC、タブレット等補助上限:10万円(補助率1/2)

レジ補助上限:20万円(補助率1/2)

事業承継・引継ぎ補助金

事業承継・引継ぎ後の設備投資等の新たな取組や事業引継ぎ時の専門家活用費等を支援。また事業承継・引継ぎに関連する廃業費用等も補助。

補助上限:150万円~600万円

補助率:1/2~2/3

関連記事

  1. 三重県航空宇宙産業人材育成支援事業費補助金

  2. 2022年おすすめ助成金10選

  3. 予算経営資源引継ぎ補助金【2次公募】

  4. 車両動態管理システムの導入補助

  5. 高機能換気設備等の導入補助金―小売業、不動産業、宿泊業、飲食業、美容業、娯楽業、医療、福祉、教育など

  6. 2021年はまず中小企業等事業再構築促進補助金をチェック!!

PAGE TOP